鈴木尚広さんの名言集で打線

スポンサーリンク

鈴木 尚広(すずき たかひろ、1978年4月27日 – )は、福島県相馬市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)・コーチ、野球解説者。愛称は「タカ」。NPBにおける代走での通算盗塁数の日本記録保持者であり、現役時代は「代走のスペシャリスト」などと評された。

鈴木尚広 – Wikipedia

1 (中)「ASに代走枠があってもいい」
2 (二)「若手は『尚広さんだからできる』と思っている」
3 (一)「黒田君は僕を凄く気にしてた」
4 (指)「教わりに来る若手には反省ノートを提出させている」
5 (三)「ボルト君と100m勝負したい」
6 (遊)「由伸さんが家に帰らないから僕も帰らない」
7 (右)「僕の世界ですか?遅く見えますね。ピッチャーが」
8 (左) 「盗塁のノウハウを教えてやってもいいけど僕を超えられない」
9 (捕)「美術館に行って感性を磨いている」
(投)「走塁面で先生と呼べるのは赤星さんだけ」
代走「左投手は盗塁しやすい」
代走 「第2の鈴木尚広は見たくない」
代走 「あそこ(CS)で牽制死されていてよかった。セーフになっていたらまだ迷っていた」
代走「鈴木尚広を見せれなくなったので引退する」
代走「カメラはずっと僕を追いかけている」
代走 「走塁だけならイチロー君を超えれる」
代走「今の若手は野球の重みを知らない。プレーが雑」
代走「重信君は僕の後継者になれる」
代走「西川君は僕の後継者になれる」
代走「盗塁しやすいのは去年引退したMさん」
代走「谷繁さんは僕を凄く意識していた」
代走「糸井君がどう変わっていくか見ものだよね(笑)」
代走「パは盗塁しやすい。セのが難しい」
代走「JAPANのユニフォームを着たい」