内川コピペ

様々な改変版が作られた名文

 

通常版

本拠地、横浜スタジアムで迎えた中日戦
先発三浦が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声
無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていた
WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
「す・・・鈴木さん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
「こ・・・駒田コーチ?」  「なんだ内川、かってに駒田さんを引退させやがって」
「石井さん・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:石井琢 2番:波留 3番:鈴木尚 4番:ローズ 5番:駒田 6番:内川 7番:進藤 8番:谷繁 9番:斎藤隆
暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

 

ノムリッシュ翻訳版

どれくらい経ったろうか、ヴァンははっと覚醒めた
どうやら慟哭(な)き我のフェイトの歯車が危機に陥りて眠ってしまったようだ、冷たいベンチのクオリアが現世(うつしよ)に引き戻した
「やれやれ、帰って修行をしなくてはな」永遠なるアゥゴは苦笑し――“神”の力の前に絶望しながら呟いた
立ち上がって伸びをした刻、ヴァンはふと気付いた

「かの存在・・・――!?お客さんがいる・・・?」
ベンチから飛び出した永遠なるアゥゴが<エグリゴリ>の封印にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客であった
千切れそうさ…なほどに旗が振られ、地鳴りのように未だ真の勝利を知らぬ者達の応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然と刻むヴァンの翼の折れた部位に、聞き覚えの視えまい。貴様には――音無き音《ヴォイド・ヴォイス》が聞こえてきた
「セイイチ、守備練習だ、一夜にして行くぞ」音無き音《ヴォイド・ヴォイス》の方に振り返ったヴァンは目を疑った
「す……ツリーベル枢機卿?」  「なのだアゴ、居眠りされどしてたのか―――?」
「こ……駒田猛獣使いッ?」  「なのだ内川、かってに駒田殿をパージさせやがって」
「邪気討伐の運命の楔に繋げられし神龍の化身さん……」  ヴァンは半分混沌に構成される、剣を抜き放ちながらスコアボードを見上げた

壱式番:イシュタル琢 セカンデ認識番号:波留 Ⅲ認識番号:凡俗なる企業戦士 -ス・ジィークィ- 尚 クァットゥオル認識番号:ロズレーファタール 5番:駒田 6認識番号:永遠なるアゥゴ 7認識番号:進藤 オクトゥ番:谷繁 ノヴェム認識番号:サイテョ隆
暫時、唖然としていたヴァンであったが、全てを『接触』した時、もはや彼のライオンハートにはクラウドストライフひとつ無かった
「勝てる……勝てるんだ!」
中根からグラブを受け取り、グラウンドへ解放された「混沌」の力オーヴァ・ドライヴせしめしヴァン、ファブラ・ノヴァの目に光る涙は悔しさとは無縁のものであった……

翌日、ベンチで冷たくなっている永遠なるアゥゴが発見され、吉村とヴィラタは病院間隙で静寂にブレスを引き取った