プロ野球の歴史上1度しか達成されていない記録ランキングベスト10wwwww

スポンサーリンク

10位 1イニング3打席

【2009年・大松尚逸(ロッテ)】

2009年、序盤には4月終了時点で打率.093と打撃不振に陥ったが、徐々に復調し4番打者に定着。打率.269 19本塁打 79打点を挙げた。6月11日の広島東洋カープ戦の6回裏、チームは国内最多記録となる1イニングに打者20人で15得点を挙げたが、この回だけで大松は3度打席に入った。1イニングで3度打席に入ったのはプロ野球史上初であり、この回先頭打者の福浦和也はイニング途中で代走として堀幸一と交代した関係で3打席を記録したのは大松一人だった。3打数1安打2打点1得点でアウトを2つ取られている。もう一つのアウトは田中雅彦の犠飛だったため、この回における進塁、得点に絡まない凡打は大松の2本のみであった。7月10日、対北海道日本ハムファイターズ戦でチームが多田野数人に無安打に抑えられる中、9回2アウトからライト前にヒットを放ち、ノーヒットノーランを阻止した。

大松尚逸 – Wikipedia

9位 センターゴロで打者走者アウト

【1987年・鈴木孝政】

1987年6月16日のナゴヤ球場での阪神戦で、打者としてセンターにゴロの打球を放ったが、北村照文の素早い一塁送球によってセンターゴロでアウトになったことがある。

鈴木孝政 – Wikipedia

8位 キャッチャーライナー

【1965年・滝安治】

巨人のV9時代を、内野のスーパーサブとして支えた滝安治選手が、1965年5月11日の対広島戦で記録しました。広島安仁屋選手の投球を滝選手が打ち返すと、この打球が投手安仁屋選手の膝に当たりホーム方向へ跳ね返り、捕手がこの打球を捕球し、前代未聞の『キャッチャーライナー』が成立しました。

『無安打勝利』から『キャッチャーライナー』まで!?プロ野球史に残る (g-times.jp)

7位 1試合で全ポジションを守る

【1974年・高橋博士(日ハム)】

1974年9月29日に1試合で全ポジションを守る。消化試合のダブルヘッダーを盛り上げるために、三原脩球団社長の発案で、ファンサービスとして行われたものである。ポジショニングは、一塁手→捕手→三塁手→遊撃手→二塁手→左翼手→中堅手→右翼手→投手の順番で、投手経験は高校時代にかじった程度で初めて同然だったので、投手の野崎恒男をセンターフライに仕留めただけで降板した。

高橋博士 – Wikipedia

6位 四重殺 

【1962年・南海vs東映】

1962年7月12日、南海ホークス対東映フライヤーズ戦の1回裏、無死満塁で東映が記録した。打者のケント・ハドリが外野飛球を打ちアウト。三塁走者の大沢啓二はタッチアップして本塁へ。二塁走者のバディ・ピート、一塁走者の野村克也もタッチアップを試みるが、両者とも触球されてアウト。その後、大沢のスタートが早かったとの守備側のアピールが認められ、大沢もアウトとなり、「四重殺」が成立した。公式記録上は三重殺である(第3アウトの置き換えにより大沢が第3アウトとなり野村には残塁が記録されたため)。 
なお、このケースで守備側がアピールを怠っていれば、大沢の得点が認められ、いわゆる「ルールブックの盲点の1点」が入っていたことになる。

三重殺 – Wikipedia

5位 サイクルアウト 

【1975年・田淵幸一(阪神)】

1975年7月11日の巨人戦。(中略)この日の田淵は2回の1打席目が三振、4回一死一塁での2打席目が三ゴロ併殺とあって、7回の三重殺打と併せて一人で“6アウト”を稼いだばかりでなく、単独アウトに併殺打、三重殺打の“サイクルアウト”まで達成してしまった。

田淵幸一、落合博満が残した不名誉な記録…「すべてが裏目に出てしまった」不運な男たち | BASEBALL KING

4位 サイクル盗塁死 

【1979年・加藤俊夫(日本ハム)】

盗塁死といえば、史上唯一、1試合で二盗、三盗、本盗をすべて失敗するサイクル盗塁死の達成者がいる。1979年5月、日本ハム-ロッテ戦で、日本ハムの加藤俊夫が記録。このシーズン、加藤は9回の盗塁失敗をしているが、その3分の1を1日で達成した(1試合3盗塁死は日本タイ記録)。

プロ野球珍記録“サイクル盗塁死”や“サヨナラ満塁エラー”|NEWSポストセブン (news-postseven.com)

3位 1試合で勝利投手&セーブ投手 

【1974年・高橋直樹(東映)】

1974年8月18日には対近鉄戦で「先発してリードしたまま5回を投げた後で一度三塁手の守備をして、セーブが付く条件でリリーフ登板して9回まで投げてチームが勝利した」ことで、史上唯一の「一人で1試合の勝利投手とセーブ投手の両方を記録」を達成した(ルール改正により翌年から達成不可能となる)。

高橋直樹 (野球) – Wikipedia

2位 シーズン全試合出場で規定未到達 

【2010年・金本知憲(阪神)】
連続試合出場記録のせいで聖域化していたため。

1位 日本シリーズ2年連続4連敗🎱 

【巨人2019~2020年】
大負けの中身を知りたくて─────
2020年日本シリーズの新記録、タイ記録

シリーズ最多死球 3 中島 宏之(読売) ※3試合連続も新記録
シリーズ最低打率 .132 読売ジャイアンツ
シリーズ最少安打 16 読売ジャイアンツ
シリーズ最少塁打 21 読売ジャイアンツ
シリーズ最多三振 41 読売ジャイアンツ
シリーズ最多失策(二塁手) 2 吉川 尚輝(読売)
シリーズ最多三振 7 坂本 勇人(読売)
シリーズ最少得点 4 読売ジャイアンツ
シリーズ最少ホールド 0 読売ジャイアンツ